アットベリーは黒ずみに効果的

アットベリーが黒ずみに効果がある理由

 

脱毛をしてキレイになったはずなのに、「いつの間にできた?」「これって治るの?」と不安になるのが脇の黒ずみでしょう。

 

黒ずみができるのは主に3つの理由があります。

 

黒ずみのできる理由に挙げられているのは、1つは年齢です。

 

加齢によるものですから、これは仕方のないことですね。

 

誰もが通る道といってもいいのですから仕方のないことですが、早めに対策を取るようにしたら、黒ずみなども最小限に抑えることができるかもしれません。

 

そしてもう1つは遺伝なのです。

 

遺伝については少数ということですが、それでもしっかりと黒ずみは遺伝するそうです。

 

そして3つめが紫外線です。

 

メラニンの生成によって起こる黒ずみなのですが、脇は紫外線があたりづらいと考えがちですが、まったくゼロというわけでもありません。

 

このような原因でできる黒ずみが、脱毛によって露出するということですね。

 

ケアしようと思っても見た目の黒ずみというのはついつい見逃してしまいます。

 

そのため黒ずみはできるものとして、早めに脇のケアをすることが大切です。

 

黒ずみケアに効果があるとして人気の高いアットベリーですが、その高い効果の原因が5種類の美白成分と6種類の保湿成分にあるのは間違いありません。

 

美白と保湿という肌のケアにとってはとても大切なことで、アットベリーによって肌の新陳代謝を促して、脇などの黒ずみを解消してくれるのです。

 

 

黒ずみ易い部分

 

身体の中でも二の腕はザラつきや毛孔性苔癬、シミなどが発生しやすい部位となっています。

 

そして、背中ですが、皮脂の分泌が多い部分でニキビが発生しやすいところです。

 

ニキビ跡の色素沈着や赤みも発生しやすいので、背中の開いたドレスや水着などを着るときに気になる人も多いでしょう。

 

ブラジャーの痕が色素沈着している人も多いのですが、自分では気づきにくい部位とも言えるでしょう。

 

デコルテも背中同様にニキビや色素沈着が起きやすい部位です。

 

紫外線によるシミも発生することが多いので注意したいところですね。

 

脇についてですが、脇毛の処理に伴って毛穴の開きや、色素沈着による黒ずみが発生しやすい部分です。

 

脇の黒ずみについては脱毛との同時治療もお勧めといっていいでしょう。

 

腕の表部分は日焼けによるシミが発生すると共に、ひじ部分は色素沈着が発生します。脱毛との同時治療もお勧めです。

 

手の甲については、もっとも紫外線の当りやすい部分であり、年齢とともにシミも出てきます。

 

この部分の黒ずみは解消しにくいのですが、それだけに治療満足度がとても高い部位でもあるのです。

 

 

アットベリーで解消できる黒ずみの原因

 

基本的にアットベリーは、体のどの部位にも安心して使うことができます。

 

もちろん、顔にも使えるのですが、その理由として、アットベリーに使われている成分が無添加であり、さらにアルコールフリーというところがとても大きな理由なのです。

 

このことから、敏感肌の人も安心して使用することができますし、セラミドが含まれているので、保湿力も高く肌を優しく守ってくれるケアクリームなのです。

 

ちなみに、肌が乾燥していることにより、メラニン色素が沈着しやすくなる上、紫外線も吸収しやすくなります。

 

そうなることで余計に黒ずみができてしまうのです。

 

しかし、保湿力が高い肌をキープすることで、そういった問題を起こしにくくしてくれます。

 

高保湿成分が配合されているアットベリーは、新たに黒ずみを作らないためのケアにも効果的なのです。

 

また、黒ずみ以外にも、顔のシミに効果的です。

 

これは、グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスという美白効果のある成分がアットベリーには含まれているためです。

 

これによって、メラニンの生成を抑えてくれ、さらにはしみやそばかすを予防するという働きがあるのです。

 

アットベリー↓