肌は乾燥しているのにニキビができるのはなぜ?

肌は乾燥しているのにニキビができるのはなぜ?

ニキビが多くできる人は、脂性な人が多いイメージがありますよね。

 

しかし、乾燥肌でもニキビができてしまい、なかなか治らないことがあります。
油分はあまり出ていないはずなのに、どうしてニキビができてしまうのでしょうか?

 

乾燥肌の人は、角質に水分がないので古く硬くなり、毛穴が細く弱くなっています。
毛穴が細くなってしまうと、その分少しの皮脂でも詰まりやすくなってしまいます。
毛穴に皮脂が詰まると、ニキビができやすくなってしまうことはご存知だと思います。
乾燥肌であっても、毛穴に皮脂が詰まるとニキビができてしまうので、ニキビができるメカニズムは脂性肌の人と違いはないのです。

 

また、普通の人は肌に適度な皮脂が存在しており、その皮脂によって肌が守られています。

 

しかし、乾燥肌の人は肌を守ってくれる皮脂が不足しがちです。
すると、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまい、余分な皮脂が毛穴に入り込んでしまうのです。

 

脂性肌ではないからと油断していると、皮脂が過剰に分泌されてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

 

 

ファンデーション選び

 

乾燥肌の場合には、どのようなファンデーションを使ったら良いのでしょうか?

 

パウダーとリキッドのどちらが肌に良いのかということも気になりますが、よりメイク崩れがしにくいファンデーションを選びたいですよね。

 

乾燥肌に合っているファンデーションはパウダーとリキッドのどちらなのかを知って、綺麗なメイクを維持しましょう。

 

 

乾燥肌が酷い人には、リキッドタイプのファンデーションをおすすめします。

 

なぜなら、リキッドファンデーションは保湿をしながら肌をカバーしてくれるからです。
特に最近では、保湿することを目的としたミネラルリキッドファンデーションも販売されているので、乾燥肌の人でも安心して使用できます。

 

毛穴の凹凸をカバーして肌を綺麗に見せながらも、保湿効果で肌のカサつきや粉吹きを抑えてくれます。
これまでパウダーファンデーションを使用していてカサつきが気になっていた人は、リキッドファンデーションに変えてみましょう。

 

日頃から肌に潤いを与えることで肌荒れを防ぎ、乾燥肌を改善していくこともできるかもしれません。

 

 

また、ファンデーションを使用する前の化粧下地として、BBクリームを取り入れてみるのも良いでしょう。
BBクリームは、化粧下地・コンシーラー・日焼け止め・保湿などのさまざまな機能がひとつになっています。

 

ファンデーションの前にBBクリームを使用することで、化粧崩れを防げるのでメイクが長持ちしますし、肌の乾燥を防ぐこともできます。

 

リキッドファンデーションを使用する場合はもちろん、乾燥肌でもパウダーファンデーションを使用したい人は、パウダーの前にBBクリームで保湿をしてしまうと良いでしょう。

 

BBクリームにもミネラル成分が中心となっている肌に優しいものや、乾燥を防ぐために保湿成分がたっぷり配合されているものがあります。
皮脂を吸収して肌のテカリを抑えるBBクリームもあるので、自分の肌の状態や季節の変化に合わせて、化粧下地を使い分けると良いでしょう。

 

BBクリームの他にも、CCクリームと呼ばれている化粧下地もあります。

 

CCクリームは全体的に肌のトーンを明るくするためのもので、BBクリームほど保湿力はありません。
ですが、CCクリームを使用することでファンデーションが肌に馴染みやすくなります。

 

化粧下地は自分の好みに合わせて、使いやすいほうを選びましょう。

 

ファンデーションや化粧下地にこだわることで、乾燥肌による肌トラブルを防ぎたいですね。

 

 

ケア方法

 

乾燥肌でもニキビができてしまうことはあり、人によってはさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

しわやたるみ・くすみなども乾燥肌が原因でできてしまうことが多いので、できるだけ肌が乾燥しないようにしっかりとケアをしていきたいですね。

 

乾燥肌を防ぐためには、保湿に重点を置いてスキンケアをしていく必要があります。
洗顔後のスキンケアを化粧水のみで終わらせてしまっている人は、今すぐスキンケアの方法を改善しましょう。

 

化粧水は肌に不足している水分を補えるので、乾燥肌をケアすることができます。

 

しかし、化粧水を使用しただけで放置していると、せっかく補った水分が蒸発して空気中に逃げてしまいます。
化粧水を使用した後には、必ず乳液やクリームで肌に蓋をしましょう。

 

乳液やクリームには美容成分が配合されているだけでなく、化粧品よりも油分が多めに配合されています。
そのため、化粧水の後に乳液やクリームを使用することで、肌に蓋をして水分の蒸発を防ぐことができるのです。
肌の水分が蒸発すると乾燥肌を悪化させてしまうので、化粧水だけでスキンケアを終えることがないようにしましょう。

 

さらに、スキンケアの最後に美容液も使用すると効果的です。

 

美容液には、保湿成分の他にも肌にハリ・ツヤを与える美容成分がたっぷりと配合されています。

 

スキンケアをする時間があまりないという人は、化粧水・乳液・クリーム・美容液などの役割がひとつになったオールインワン化粧品を使用してみても良いですね。
短時間でスキンケアを終えることができて、綺麗な肌を保てるのでおすすめです。

 

乾燥肌は、不規則な生活が原因で引き起こされてしまうこともあります。
しっかりと湯舟に浸からずにシャワーでお風呂を済ませていたり、睡眠不足が続いている人は要注意です。

 

体の血行が悪くなり、肌にどんどんストレスが溜まっていってしまいます。
ホルモンバランスが崩れて肌の乾燥を引き起こしたり、逆に皮脂の過剰分泌につながってしまうこともあるのです。

 

食事の栄養が偏っている場合にも、肌に影響が出てしまうことが多いですよね。
仕事などが忙しくて規則正しい生活を送ることが難しい人もいるかもしれませんが、できるだけ十分な睡眠を取るように心掛け、肌にストレスを与えない生活をしましょう。

 

寝る前にリラックスタイムを数十分確保するだけでも、ストレスを解消して綺麗な肌を保つことができますよ。

アットベリー↓