肌の乾燥は毛孔性角化症をが悪化しやすい

肌の乾燥は毛孔性角化症をが悪化しやすい

二の腕を気にする女性は多くいます。

 

特に二の腕にブツブツができていると恥ずかしいので隠さなければいけません。

 

それがお洒落な服を着れない原因になってしまうことがありますし、温泉やプールなどに行っても気を使ってしまいます。

 

そうした二の腕のブツブツは毛孔性角化症という皮膚疾患ですが、乾燥肌になると悪化しやすいので注意が必要です。

 

 

肌が乾燥した状態にあるとバリア機能が低下してブツブツが増えやすくなるからです。

 

また、ブツブツの中に溜まった角質や角栓などは乾燥していると取り除きにくくなりますし、古い角質が剥がれ落ちにくくなって毛穴に詰まってしまいます。

 

乾燥の原因となるのは紫外線や衣服の摩擦、それに刺激などとなりますので、まずは乾燥肌にならないように気を付けておきましょう。

 

それと、乾燥肌にならないようにしっかり保湿ケアしておきましょう。

 

 

毛孔性角化症ってどんな症状?

 

二の腕にできるブツブツは毛孔性角化症の可能性が高いので早く改善する必要があります。

 

では、毛孔性角化症とは一体どんな皮膚疾患なのでしょうか?

 

毛孔性角化症とは赤っぽい2ミリ〜3ミリくらいのブツブツで、触るとザラザラしていて広い範囲にあらわれます。

 

痒みや痛みなどの自覚症状をほとんど感じませんので早い段階で気づきにくくなっています。

 

できやすい年齢は思春期から20代ですが、人によっては20代以降でもできやすくなります。

 

また、毛孔性角化症の原因ははっきりと解明されていませんが、ホルモンバランスの乱れや遺伝的要因という説が考えられています。

 

ニキビと毛孔性角化症のブツブツは何が違うの?と疑問に思う人もいるでしょう。

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖することによって炎症を起こし出てきますが、毛孔性角化症のブツブツは毛穴に古い角質が詰まってデコボコした丘疹ができてしまうという違いがあります。

 

また、ニキビは皮脂が主な原因となりますので皮脂腺が多い部位にできやすいのですが、毛孔性角化症のブツブツは皮脂が原因となりにくいので皮脂腺が少ない二の腕でもできやすいのです。

 

できてしまったブツブツを無理に潰したり掻きむしったりすると悪化させてしまいますので絶対にやめておきましょう。

 

また、毛孔性角化症は肌のターンオーバーが狂うことによって古い角質が剥がれ落ちずに毛穴に詰まってしまいますので、まずは肌のターンオーバーを整えて角質が剥がれ落ちやすくしなければいけません。

 

そのためには毎日の保湿ケアが大切になってきます。

 

 

毛孔性角化症のケア方法

 

毛孔性角化症は肌が乾燥することによってできやすくなりますし、すでにあるブツブツが悪化しやすくなりますので、しっかり保湿ケアしてしっとり肌を保ち続けなければいけません。

 

では、しっとり肌を保ち毛孔性角化症をケアする方法は何が良いのでしょうか?

 

それは、生活習慣に気を付けながら保湿クリームを使って毎日欠かさずケアすることです。

 

まずは肌のターンオーバーを整える必要がありますので良質な睡眠をしっかりとり、血行を良くするために適度な運動を行ったりストレスを溜めこまないようにします。

 

そうすれば新陳代謝が活発になって角栓が除去されやすくなります。

 

こうしたことを続けながら保湿クリームでしっとり肌を保ち続ければ良いのですが、その保湿クリームで効果的にケアできるのがピュアルピエです。

 

ピュアルピエには保湿成分のセイヨウナシエキスが含まれており、肌の再生を高めたり皮膚の弾力を改善する作用があります。

 

また、肌のターンオーバーを促すプラセンタも配合されていますので効果的に毛孔性角化症をケアすることができます。

 

ですので、毛孔性角化症が気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

 

アットベリー↓