老人性乾皮症とはどのような症状?

老人性乾皮症とはどのような症状?

老人性乾皮症とは、皮膚のバリア機能が低下して些細な刺激でもかゆみや痛みを感じてしまう症状のことをいいます。

 

「老人性乾皮症」の名前の通り、老人に多く起こる症状です。

 

基本的に、人の肌表面には適度な油分が生じて外部の刺激から肌を守っています。
しかし、年齢を追うごとにどんどん肌内部の成分が不足し、肌表面の油分も十分に排出することができなくなってしまうのです。

 

そのため、肌のガードをすることができなくなってしまう、このような症状が起こってしまいます。

 

老人性乾皮症は、特に背中や足など油分の少ない場所に起こりがちです。
特に背中は自分自身ではケアをすることが少なく、洋服の摩擦の多い部分です。

 

背中のかゆみに悩まされている女性は、意外に多いのではないでしょうか?

 

老人性乾皮症は、年配の方に特に多い症状です。
しかし最近は、若い人でも老人性乾皮症が発症する場合があります。

 

若い人でも、食生活が乱れていたり、スキンケア不足、もしくは過剰なスキンケア、ストレスなどが原因で老人性乾皮症になってしまう可能性があります。

 

かゆみや赤みがひどいとついつい強めにかいたり擦ったりしてしまうでしょう。
確かにかゆい部分をかけば一時的には改善するかもしれませんが、あくまで一時的な対処方法に過ぎません。

 

継続して行っていると、どんどん症状がひどくなってしまうかもしれません。

アットベリー↓